新学期のセール|10%オフのプレミアムで、この新学期は健康的な習慣を身につけましょう-今すぐ購入

Aug 26, 2022

画面使用時間と学習のバランスを取るための5つのヒント

Emily Lawrenson

Emily Lawrenson

Qustodioライター

How to balance screen time and learning

2020年は、世界中の多くの国で、教育体制の不可欠な部分として画面を使用することが確固たるものになったと言っても過言ではありません。学校でのテクノロジーの使用は長年にわたって増加してきましたが、世界的なパンデミックにより、遠隔学習ツールから子供たちが新しく楽しい方法で学習するのに役立つ優れた教育アプリまで、テクノロジーは日常の学校生活になくてはならないものとなりました。

また、デバイスが保護者や教員、子供たちにとって不可欠なツールになっている中で、教育的であるかどうかに関わらず、画面の前で過ごす時間を管理することが益々難しくなっているという嫌な感覚を払拭するのは困難です。過度の画面使用は子供だけに影響するわけではありません。しかし、家族全員が画面使用時間の管理戦略の恩恵を受け、仕事と生活、そして両方の状況で使用するテクノロジーのバランスを取ることは可能です。では、どうすればそれができるのでしょうか。ご家族が一緒に健全なデジタルの習慣を身につけ、テクノロジーを最大限に活用できるように考えられた以下のヒントを試して、画面使用時間と学習のバランスを取れるように役立てましょう。  

1. 画面がいつ、どこで、どのように使用されるかを決定する

お子様の年齢に基づいて画面使用時間の日課を作ることは、保護者にとって便利なツールであると同時に、お子様が自分のデジタルの制限を理解するのにも役立ちます。ご家族の日課を作成するときには、お子様がテクノロジーを使用できる時間、画面を使ってよい場所、デバイスを使用してもよい目的を考慮してください。タイマーを設定したり、お子様が特定のデバイスにいつアクセスできるかを定期的に確認したりするのを避けたい場合は、ペアレンタルコントロールツールを使用して、1日の中で画面を使用しない時間を設定することをお勧めします。これにより、事前にスケジュールを立てて、家族の時間に集中することができます!

例えば、お子様がChromebookなどの学校から提供されたデバイスを持っている場合、そのデバイスを個人的な目的で使用できないことを明確にしておきます。ソーシャルメディア、動画のストリーミング、学業に直接関係のないウェブサイトの閲覧は禁止、というようにです。同様に、携帯電話などの個人用デバイスを持っている場合は、それを学業に使用しないように促します。 

個人用のデバイスと学校用のデバイスとを切り離すようにすることで、学校生活での使用と家庭での使用の境界が曖昧にならないようにすることができます。また、保護者とお子様が様々なデバイスを使用できる場所を検討するのにも役立ちます。学業は書斎や割り当てられた部屋の机で行うことができても、ビデオゲームは共有エリアでプレイしたいかもしれません。これらのルールは、仕事用のデバイスを使用している場合、親として仕事と家庭を分けるのにも役立ちます!

2. テレビや動画のコンテンツを厳選する

私たちの多くは、テレビ番組やYouTubeを通じて新しいことを学ぶのが大好きです。情報を取り入れ、新しいトピックスを探索する場合、動画コンテンツは確かに役立つツールになります。しかし、「教育用」のYouTubeチャンネルにアップロードされたコンテンツのうち、実際に学習を目的としたものはどれくらいあるのでしょうか。教育にはプラットフォーム上に独自のカテゴリがありますが、個々の動画の規制は困難です。つまり、カテゴリにあるコンテンツの多くは本質的には特に教育的ではなく、場合によっては、それらに記載されている情報は不正確である可能性があります。

お子様が、より関連性の高いテレビ番組やより優れたオンライン動画コンテンツに関われるようにするためにできることには、次のようなものがあります:

  • YouTubeの自動再生機能をオフにする。 自動再生によって再生された動画は、視聴した元のコンテンツと常に関連しているわけではありません。さらに、自動再生はユーザーが次々と動画を見るように促すため、話題から逸れやすくなり、使用時間を制限しにくくなります。
  • リサーチして再検討する。 お子様が見ているテレビ番組をチェックして、その教育的価値を評価しましょう。教育的に評価できるものと純粋に娯楽として評価できるものを分けることで(もちろん、両方を提供する番組もあります)、教育的なコンテンツだけに画面使用時間を割り当て、家族の画面使用時間に子供たちに通常のテレビ番組や映画を楽しませることができます。   
  • お子様が楽しんで見ているコンテンツのタイプを知る。 Qustodioなどのツールは、子供たちがどのようなタイプのYouTube動画が好きなのかを見つけるのに役立ちます。QustodioのYouTubeペアレンタルコントロールを使用すると、お子様が視聴した動画のリストと、プラットフォームでの検索を確認できます。これにより、お子様が何に興味を持っているのかを理解することができ、コンテンツがお子様にふさわしくないと思われる場合は提案することができます。
  • 一緒に番組を見る。 学業に直接関係するかどうかに関わらず、教育的なコンテンツを一緒に楽しみましょう!ドキュメンタリー、歴史系のテレビ番組、その他の質の高いコンテンツを通じて、家族全員が参加できる面白いトピックスがたくさんあります。そして、子供たちは自分の興味のあることについて親と関われることを喜ぶでしょう。
Helping kids balance screen time and learning

3. 画面なしの時間やアクティビティのために休憩時間を設定する

休憩なしで画面の前で何時間も過ごすことは、集中力、睡眠の質に影響を与え、特に長時間学業に集中しなければならない場合、子供の目に負担をかけてしまいます。お子様が画面使用時間と学習のバランスを取れるようにするには、数時間連続して画面を使用した後に長時間休むよりも、1時間ごとに5~10分ほどの短い休憩を取る方が良いでしょう。立ち上がってコップ一杯の水を飲みに行く、外をちょっと散歩するなど、子供たちが学業から離れてまた集中するのに役立つ自然な休憩を見つけられるように、子供たちを支援してください。 

お子様が1日の他の時間にも画面なしでいられるように、他のアクティビティも提供しましょう。これにより、全体的なバランスを取ることができるようになり、学校用の画面使用から娯楽用の画面使用の間に何も挟むことなく急に切り替えるということを避けられます。お子様がオフラインの趣味がない場合は、画面を使わずに楽しめることを見つけるように促します。近所をちょっと散歩したり、一緒に運動したりするだけでもいいので、家族で一緒に外に出かけましょう。お子様の画面なしの時間に親が関わることは、健全なデジタルの習慣に関して、子供たちとの絆を深め、模範となる良い方法です。

4. 就寝前の画面使用を避ける

画面が睡眠に影響を与えることは周知の事実ですが、ゲーム機からスマートテレビに至るまで非常に多くのデバイスがある家庭では、就寝前の数時間はスイッチを切るのが難しい場合があります。画面の問題は、睡眠モードをオンにする時間であることを知らせるホルモンであるメラトニンの自然な生成に影響を与える、ブルーライトを放出することです。子供たちは次の日に備えるためにしっかり睡眠を取る必要があります。そのため、就寝時間の少なくとも1時間前までに画面の電源をオフにしておくことで、 きちんと落ち着かせ、より質の高い睡眠をとることができるようにします。 

また、できるだけ寝室から画面を遠ざけることも重要です。携帯電話やその他の電子機器が寝室にあると、子供たちが夜中に目を覚ました時に通知をチェックしたくなったり、寝る前に部屋でデバイスを使用するのに余分な時間を費やしてしまうかもしれません。 

5. テクノロジーの使用に期待することを管理

接続された世界をナビゲートすればするほど、画面使用が避けられないことが明らかになります。画面使用時間を完全に制限することに集中するのではなく、家族として健康的なデジタルの習慣を促進するための対策を講じ、テクノロジーの良い面を一緒に受け入れましょう。子供たちも見たものから学ぶため、テクノロジーに関して良いお手本になることは、子供たちに期待することを子供たちが理解するのにも役立ちます。

お子様が、他の大事なアクティビティと合わせて画面使用時間と学習のバランスを取れるように支援し、読書をしたり、家族でボードゲームをしたりするなど、テクノロジーに依存しない学習と成長のための他の方法を提供してください。人生のその他すべてのことと同様に、健全な関係は節度から始まります。 画面使用も例外ではありません。 

Qustodioは、家族を保護するのにどう役立ちますか?

Qustodioは、お子様をオンラインで安全に保ち、健康的なデジタルの習慣を身につけるのに役立つ最良の方法です。弊社のペアレンタルコントロールツールでは、お子様たちが不適切なコンテンツにアクセスしたり、画面の前で長時間過ごしたりしないようにします。