Aug 4, 2021

子供たちは大人のデジタルの習慣をどう反映するのか

Qustodio team

Qustodio team

Experts in digital safety

Tips to help your child stay safe during the back to school period

子供たちは一日に何回、「お母さんにそっくりね」「お父さんと全く同じ話し方だね」と言われるでしょうか。もちろん、遺伝は家族が似ていることに大きな役割を果たしますが、共有されている行動の背後にある秘密は、ミラーニューロンと呼ばれるものにある可能性もあります。1996年にイタリアのパルマ大学で発見されたミラーニューロンは、私たちが他人に見られる行動に従ったり模倣したりすることを促進する神経細胞の一種です。 

これを念頭において、私たちが小さい子供たちの周りでの行動をどれほど意識しているかがさらに重要になります:子供の人生の最初の3年間は発達を大きく形作っており、これはデジタルの世界での発達にも当てはまります。子供たちは保護者から多くの行動を学びます。Child Developmentで発表された研究は、子供たちは周囲の人からより「反社会的」な行動を学んでいる可能性があることを示しています。平均年齢3歳で少なくとも1人の子供がいる170家族を対象としたこの調査では、デジタルデバイスがどの程度家族で過ごす時間を中断するのかが明らかになりました。

家族のほぼ半数(48%)が、スマートフォン、パソコン、タブレットは子供たちと過ごす時間を妨げると報告しました:そのような中断は決して起こらないと主張した11%と比べて、1日に3回以上です。ミラーニューロンは、私たちが他人に見られる行動を反映するように促します。子供の場合、行動は保護者などの子供の人生の中で重要な人物から直接学ぶことがあります。そのため、子供たちの周りでのテクノロジーの使用方法を認識することが、これまで以上に重要になっています。 

Technology tips to help with the back to school routine

子供を中心としたテクノロジーの使用に関するQustodioの推奨事項

Qustodioでは、私たち自身も親です。常につながっている社会で家族として成長し学ぶことは、困難となりえることを理解しています。調査と実際の家族の経験に基づいて、ご家族がより健康的なデジタルライフスタイルを追求できるように、こちらに推奨事項をご用意しました。 

1. 模範を示す

神経科学者と心理学者は、子供たちが試行錯誤と観察という2つの方法で物事を学ぶことを確認しています。ここでミラーニューロンが作用し、子供たちは仲間(この場合は保護者)が行うことに基づいて環境と相互に関わる方法を理解し始めます。 

2. 家庭でのデジタルの切断は必須

毎日画面から離れる時間を確保するのは重要ですが、特に職場が自宅での生活の大部分を占めるようになった今、これはしばしば困難となりえることを私たちは理解しています。在宅勤務は企業にとって益々一般的になっており、南オーストラリア大学の調査によると、労働者の55%が夕方に、30%が週末に何らかの形のデジタル通信を同僚に送信していました。電子機器の電源を切り、仕事のスケジュールを尊重し、他の野外活動により多くの時間を割くことは、子供たちに有益な影響を与えるでしょう。 

3. 時間管理戦略を活用する

当社の見識を見ると、Qustodioファミリーの37%は、自宅での画面使用に時間制限を設定していません。2020年には、16歳未満の画面使用時間はかつてないほど高くなりました:ソーシャルネットワークで76%、通信アプリケーションで49%、オンラインビデオプラットフォームで25%、ビデオゲームで23%の増加です。ペアレンタルコントロールツールを使用するか、ご家族に適した1日のスケジュールを使用して時間制限を設定することで、画面の裏でどれだけの時間を費やしているかを理解することができます。 

4. ツールを使用して家族のデジタルの安全性を確保する

スペイン国立市場競争委員会(CNMC)による最近の調査では、保護者の74%がペアレンタルコントロールの存在を知っていると主張しましたが、10家族のうち1家族だけがそれを利用したと述べました。デバイスを保護しながらお子様の画面使用時間を管理するのに役立つツールなど、テクノロジーを賢く利用することは、保護者にとって優れた資源であり、家族全員がデジタルの健全性を尊重できるようサポートします。